<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:2021-4-07

ベロの表面に付いている白いもの…
あれは、汚れそのものなんですよね。

もちろんうっすらと付いている
程度であればまったく問題ありませんが、
しっかり濃く付いている人は、要注意!

ベロを見れば、その人の健康状態がわかると言われていますが、
ベロを清潔に保つことは、
ダイエットにとってもいいことなんです。

新陳代謝が悪かったり、唾液が少なかったりすると
汚れもたまりやすいそうです。

ベロに汚れがたまると…
味覚がうまく働かなくなり、鈍くなってしまいます。

味覚が鈍くなるということは
薄味の食品では満足できず、
自然と味付けの濃いものを好むようになるんですよね。

味付けの濃いものには塩分が多く、むくみの原因になります。
また、糖分も多く含まれていることが多いので、
その分カロリーも高くなりがち…

味付けの濃い食品って、
高カロリーの食品が多くありませんか?

逆に、薄味の食品には、
低カロリーのものが多いです。

だから、
ダイエット中、ヘルシーな食べる事で満足するには、
味覚を正常に保つことが大切になってくるわけですね。

ベロの状態を正常に保つためには、
歯磨きの時に、いっしょにベロも磨いてあげるといいみたい!

ベロの表側と裏側を、奥から先に向かって
歯ブラシでなでるように…
これを数回繰り返すだけでも、
ベロの状態はだいぶ違ってきますよ!

クチの中を清潔に保って、
薄味で低カロリーの食べる事でも満足できるようになれば、
ダイエットにも必ずいい効果が生まれるはずですよ。

ベロ磨きは口臭予防にもなるので、
ぜひ試してみてくださいね!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)