<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2021-4-09

メタボリックシンドロームと診断されたら、
減量が必要です。

でも一番大切なのは、
メタボにならないように日々の生活を送ることです。

メタボ健診が近づくと
食事を抜くなどといった
無理な減量をしようとする人がいますが、
それでは意味がありません。

メタボ健診は、痩せさせるのが目的ではなく、
健康な体へと導くことが目的なのですから、
健診の前だけ食事やビールを控えるのではなく、
長期的なプランで減量に挑まないと意味がないのです。

そのためにはムリなく継続して続けられるものを選ぶのが大切で、
中でも一番お勧めなのが、ウォーキングなどの有酸素運動です。

有酸素運動とは
十分な呼吸をしながら行うことのできる比較的軽い運動のことで、
水泳やジョギング、エアロビクスなどがこれに当たります。

また、日々の生活習慣を見直すこともとても大切です。
規則正しい時間に食事を摂ることを心がけ、
肉や脂っこい食事はなるべく避け、野菜を多く摂ることを心がけましょう。

禁煙はもちろん、ビールも控えめに!
7日間に1〜2日は休肝日を設けるのも効果的です。

ただ、減量も我慢ばかりでは続きません。
まずは無理のない範囲で出来るところから始めることが大切!
そして一度始めたなら、継続して続ける努力をしてみてくださいね。

今ではメタボ健診の義務化と言う追い風もあって、
色々な減量用品があふれています。
ステップボーイやステップボーイなど運動系のものから、
扁鵲やダイエット緑茶など、その種類も様々です。